幼稚園や学校の卒園卒業の記念写真は、基本的に子供や親が主体となり、さまざまなプランを立てて制作するものだ。

お得プランを使って気軽に記念写真
お得プランを使って気軽に記念写真
お得プランを使って気軽に記念写真

卒園の記念写真制作のためのプラン

自分の子供時代を振り返ってみると、幼稚園や学校時代の卒園・卒業の時の記念写真があるのが当たり前だと思っていました。
私たちはそうした記念品を見て、自分の過去を振り返るのです。

ところが、自分が親になると、自分の子供の卒園・卒業の記念アルバムは、基本的に自分たちで制作するものだと知りました。
つい最近まで、幼稚園や学校側が作ってくれるものだと思っていたのです。

恐らく子供のいない人は、そう思っている人も少なくないのではないでしょうか。もちろん学校側などの行事で撮影された写真は学校側が保持しています。
実際には、親や生徒は学校側の協力を得ながら、自分たちでプランや段取りを決めて、卒業記念アルバムを作るということになります。

特に親が全面的に記念写真の制作にかかわるのは、幼稚園です。

子供は何もできないからです。

私の子供のいた幼稚園では、各クラス写真の日程や、写真館との交渉までアルバム委員が行っていました。
またその日は欠席者がいるかどうかとか、靴下まで統一させて、細かい段取りが行われました。
卒業アルバム作成は、約半年前から実施されるので、その年のアルバム委員になったお母さんは、週に何回かを記念写真の作業にあてていたようです。

また毎年のこうした作業のプランはちゃんと記録されていて、次の年のお母さん方に申し送りとして残されます。
私は子供の卒園写真を見るたびに、幼稚園に子供を通わせているお母さんたちの苦労を思い出すのです。

関連リンク

Copyright (C)2017お得プランを使って気軽に記念写真.All rights reserved.